あらすじ

「意味のない生は嫌だ。だけど無意味な死は、もっと嫌だ」何者かに殺された学園のカリスマ美少女・安藤麻衣子。断片的に残された彼女の生きた軌跡が、しだいに大きな形を描いていく。麻衣子の「死」の意味とは、いったい何だったのか?いよいよすべての謎が明らかになる完結巻!日本推理作家協会賞受賞の連作ミステリを完全コミック化!!