reread
また読みたい
フォロー
バイク便で生計を立てる春日薫は、先輩の友部雄大と売上を競うよきライバル。今日も配達へ向かったが、偶然、女性とぶつかってしまう。ひどく殴られた跡のあるその女性は薫に「《広瀬》という刑事以外に渡すな」と言い、ある封筒を託す。薫はその《広瀬》という刑事を探すが、既に追っ手が薫のもとに及んでいた…!ついに追っ手は薫の仕事場へとやってきて、薫は拉致されてしまう。「あの封筒はどこだ!」と責め立てられる薫。だが薫の機転もあり、友部がいち早くその場所を突き止め、間一髪のところで2人は逃げ出すのだった…。そして避難した先のアパートで友部が目撃したのは、さらしをまいた薫の姿だった…。薫は女の身体を持ちながら男の心を持つ《性同一性障害者》だった。たむろ未知先生が挑む衝撃作!!感動の第1巻/前編!!
人はよく「この世には男と女しかいないんだ」という言葉を口にする。果たしてそう言いきれるのだろうか……。風変わりな殺し屋は、ターゲットの薫が《男》に性転換したら迷わず殺すと友部雄大に告げ、姿を消した。組織は執拗に薫を亡き者にしようと次々と刺客を送り込んでくる。死の恐怖におびえながらも、事件は思わぬ方向へ進んでいく…。そんな中でも、薫の治療は順調に進んでいた。ホルモン療法でヒゲが生え、徐々にではあるが男性に変わっていく薫だったが、雄大はなぜか面白くなかった……。複雑な心境が交錯する中、新たな珍客が舞い込んでくる。薫とは逆に、男性から女性になる手術を希望する渡辺だった。このハチャメチャな渡辺の出現が、薫と雄大、ナオコの絆をよりいっそう深めていくのだった…。たむろ未知先生が《性同一性障害》に挑む衝撃作!!感動の第1巻/後編!!
ホルモン注射を始めて少しずつ、男性の体へと変化していく薫。一方で雄大は、女性としての薫が好きになっていたが、男性の体へとなろうとしている薫の変化に複雑な心境を抱いていた。そんな中、薫はとある場所で、春風のような女性・さなえに目を奪われ恋をしてしまう。自分に女性の彼女ができても雄大は友達でいてくれるだろうか…。そんな思いを抱いた矢先、さなえの母親がなんと薫と同じ性同一性障害者だとわかり、薫はさらに苦悩するのだった……。感動のラストまで見逃せない、たむろ未知先生の衝撃作!!クライマックス第2巻/前編!!
ナオコの取材のためやってきたのは、さなえの母であり今は男性である政岡だった。薫は政岡から、さなえのことは忘れたほうがいいと諭される。納得のいかない薫は家を飛び出していた。薫が行き着いた先には、薫の天使…さなえがいた。薫は男として、決断を下す……。一方、薫の治療は順調に進み、性転換手術のGOサインが出た。待ちに待った最終段階ではあったが、薫には解決しなければならない大きな問題があった。それは両親に手術の同意を得る事。ナオコと共に実家へと向かった薫は…。いよいよ完結、たむろ未知先生の衝撃作!!感動のクライマックス第2巻/後編!!