icon_reread
また読みたい
フォロー
PandoraHearts(1)
15歳の成人の儀に訪れた紅き厄災・・・その身に覚えのない罪により、永遠の牢獄アヴィスに堕とされたオズ=ベザリウスは「アリス」と出会う――。抗えない運命の歯車が、絶望へと誘うかのように・・・。
PandoraHearts(2)
底の見えない漆黒の闇・アヴィス。その深淵より舞い戻ったオズ=ベザリウスに過酷な現実が襲い掛かる・・・胸の刻印の痛みと共に――――。
PandoraHearts(3)
若き罪人(とがびと)に歪みをもたらし言葉(じゅそ)は、忘れえぬ記憶の残滓。己の存在さえも否定されたその瞳は、一切の光を拒絶する・・・。
PandoraHearts(4)
孤独なアリスが虚無にとらわれ、黒き翼と沈黙の牙が交錯せし時、オズ=ベザリウスは彼(か)の人物と合間見える――――。全ての事象が定められていたかのように・・・。
PandoraHearts(5)
100年前の災害、そのときアリスはそこに居た。秘められた記憶の中、導き出された結論は存在の消去。それこそが彼女の救いであるかのように・・・。
PandoraHearts(6)
白き衣を身にまとい学園へと踏み込んだオズ達の前に、紅き死神が舞い降りる。繰り広げられる紅と白のアンサンブルは静かなる学び舎に波瀾をもたらす――。あたかも、己の心が描きだされるかのように…。
PandoraHearts(7)
100年前の情報を得るために、四大公爵が一つ・バルマ公と謁見を果たしたオズ達。そこで彼らは、隻眼の道化師の隠された過去を垣間見る――――。忘却さえも許されないように…。
PandoraHearts(8)
かつて紅眼の亡霊と呼ばれし愚者が、アヴィスの底で出会った白き少女とは…?胸に秘めたいくばくかの希望、それこそが罪であるかのように…。原案となった読み切り作品「パンドラハーツ」特別掲載!
PandoraHearts(9)
闇の中に光を求め、かつての首都・サブリエの奥を彷徨う探求者達。そこにあるのは真実か絶望か――――…。見えない明日を探すかのように…。
PandoraHearts(10)
その扉を開いてはいけない、そこには災いが詰まっているのだから…。100年前のサブリエで禁断の扉を開いたのは、ただ兄を護りたいという一途な願い。その願いは魂を侵食する、愚かで甘美な猛毒のように…。