reread
また読みたい
フォロー
冴島翠は新設の聖学園に通う元気な女の子。第一期生徒会の副会長になったが、会長はなんと気になっていた須藤晃に。生徒会の初仕事が学園祭に決まり楽しい毎日を送っていたが、晃にヒロコという彼女がいることを知り…?
聖学園生徒会の翠・晃・麻宮・瀧川・文太は超仲良し。マミリンは瀧川のことが好きだけど、瀧川には原田志乃という彼女がいて翠はハラハラ。一方、翠と晃はほとんど恋人同然の仲だけど、牧博子先生と晃が…?
美術の先生マキちゃんは晃の家庭教師だった坂本将志の彼女だった。久しぶりに日本へ帰ってきた将志だったが、すぐに一人でパリへ行ってしまう。晃の様子に不安を覚える翠は親友・中川ケンのライブに行く途中で…?
翠は晃が今でもマキちゃんのことが好きなのではと不安でたまらない。おまけに、晃が誕生日にくれたネックレスもなくしてしまい、落ち込む。そんな時、ケンが中学の時から今でも自分を好きだと知った翠だが…。
お互いを傷つけ合うことに耐えきれなくなった翠は、晃と別れて友達としてやり直すことにした。そんな自分を支えてくれたケンとつき合うことになった翠…。一方、マミリンの想い人・瀧川が志乃に別れを告げられて…?
自分の本当の気持ちに気づいた翠はケンと別れ、晃のもとへ。しかし、晃は誰にも言わずに将志を探すため外国へ旅立ってしまっていた。一方、志乃と正式に別れた瀧川は麻宮に魅かれていく心を止められず…。
自分の気持ちにケリをつけるため将志を探していた晃はインドで無事再会し、晴れやかな心で翠のもとへと帰ってきた。翠と晃の愛も深まり、長い間こじれていた父親との関係も丸くおさまるのだった。
将志とマキちゃんの結婚式も無事終わり、翠たちもそれぞれの未来へ向かっていく。翠と晃、マミリンと瀧川、文太とマコ、志乃、ケン…。みんなが夢と希望を胸に、新たな旅立ちへと進む…。涙と感動の最終巻!!