icon_reread
また読みたい
フォロー
MARCH STORY(1)
18世紀、東ヨーロッパの某所。落ちこぼれピエロのピルコレは、パレードで失敗し落ち込んでいた。そこへ奇妙なフード姿の少年が現れる。少年は、とある骨董品のイヤリングを探しているらしいが、そのイヤリングには「イル」という邪悪な者が潜んでいて、ピルコレが見つけても決して触れてはいけないという。だが「マーチ」と名乗るその少年と別れ、サーカスのテントに戻ったピルコレの目の前に、見覚えのない美しいイヤリングが…!?
MARCH STORY(2)
占い屋も兼ねたジェークの店に、とある屋敷で執事をしている老人が相談にやってきた。同じ屋敷で働く年老いたメイドが、屋敷周辺に現れた白い森に消えてしまったというのだ。それがイルの仕業だと判断したジェークは、事態を解決するためにマーチを派遣。同じイルを狙うベルマという別のシステ・ビハードに尾行されているのも知らず、マーチが森に辿り着くと、彼女の目の前に亡くなったはずの姉の姿が…!?
MARCH STORY(3)
骨董品や美術品にひそみ、人に取り憑いて、その命を狙う邪悪な存在「イル」。その「イル」を退治するのが「システ・ビハード」と呼ばれる狩人たち。男装の美少女・マーチは、システ・ビハードとしてイルに取り憑かれた人々の魂を救済する旅を続けている…。
MARCH STORY(4)
あるとき「観客として見に行った女の子が、公演終了後、根こそぎ町や村からいなくなる」という不穏な噂を聞きつけたマーチは、その真相を探るべく人気のサーカス団「赤い技芸団」に潜入する。しかし、マーチ自身もそこで行われていた悪魔の宴に、囚われの身となってしまい…!?
MARCH STORY(5)
中世ヨーロッパ。骨董品や美術品に潜み、取り憑いた人間を死に追いやる悪魔“イル”が跋扈していた。イルを狩り、人々を守る“システ・ビハード”のマーチは、イルが関わっていると目される謎の集団少女失踪事件を追い、その黒幕「赤い技芸団」に迫るが、その団長は、かつてマーチの家族を皆殺しにした鮮血の女王・ジャンジャギだった!!ジャンジャギに囚われたマーチを救うべく、仲間が駆けつけるが、ことごとくジャンジャギに撃退されてしまう。その時、マーチの心臓に封印されていたイルが覚醒、イル化したマーチは悪の根源・ジャンジャギとの最終決戦に挑む…!!愛と冒険のマーチの物語、ついに閉幕!!