reread
また読みたい
フォロー
先のマルガ要塞戦によりオルフィーナは多くの仲間と、最愛の人シスンを失ってしまう。これ以上の犠牲を避けるため彼女はたった独りで宿敵ステアンの命を狙う決意をする。一方、帰国したヒュレイカにも陰謀の影が迫る。
信念を貫くため、仲間と袂を分かったオルフィーナの姿はカストラに…。グレゴルニア公の屋敷でシスンと再会を果たすも、記憶を失った彼がオルフィーナに贈ったのは無言の刃であった。絶望の淵に沈むオルフィ!?
サリュート王子暗殺事件後、グランザ兵に追われるシスン。逃亡途中でオルフィーナと再会するが、彼はマルガ要塞戦以前の記憶をなくしていた。無防備に接するオルフィーナを思い出せず、シスンの苛立ちはつのるが!?
オルフィーナに地球からの帰還命令が下り、背けば処分される。彼女は地球に戻るか、この星に残るかの決断を迫られる。また、ステアン討伐を図るヒュレイカ。彼女の前にも、現在のグランザ将軍・ザビエフが現れて…!?
ステアンの侵略によって、植民地化したサザウィド。その国をオルフィの仲間・メルドゥズたちが奪還せんと奮闘する。が、それは火竜によって一網打尽にしようとするステアンの罠だった。オルフィは救出に向かうが!?
ステアン討伐に向け、全勢力を結集し戦いに挑もうとするマリアたち。そこで彼女は大勢の兵を前にして、自分がオルフィーナ姫の影武者であることを告白。そして、ついにグランシュ城への侵入作戦を開始する!!
シスンとの再会を喜ぶ間もなく、敵本城の奥深くに向けて進むマリアたち。城の地下で核兵器を発見したマリアは、一刻も早く首魁ステアンを撃つべく味方合流前に少数精鋭にて彼の元を目指す…最終決戦の時は近付く!
ついに宿敵・ステアンにたどりついたオルフィーナ。敵の野望を打ち砕けるか!?もう一人の姫・ヒュレイカと最終決戦に挑む!シスン、ククリカ、そして兄との想いを胸に……描き下ろし多数収録、感動の最終巻!!