icon_reread
また読みたい
フォロー
白い戦士ヤマト 1巻
山形県の山村に住む少年・藤原良は、白い子犬にケンカを助けられた。良は子犬を飼うことを決めたが、野犬の群れが綱を切り、子犬は群れとともに山に歩き去ってしまう。いっぽう村人たちは、野犬の群れによる家畜被害が多発したため、山へ野犬狩りへ向かう事を決める。それを知った良は、子犬を救うため山へ向かうのであった!
白い戦士ヤマト 2巻
藤原良は育てることにした白い子犬が、かつて闘犬界で勇名をはせた吹雪号の子どもであることを知った。そして、子犬をヤマトと名づけ闘犬にしようと決意する。良とともにたくましく成長するヤマトだが、闘犬には禁物のうなり声が激しい。そこでヤマトを大蛇と対決させるのだが…!?
白い戦士ヤマト 3巻
闘犬デビューを勝利で終えたヤマトは、第二戦間近に野犬の頃の仲間・ハブじいさんに特訓をうけた。ハブじいさんは、迷い込んだトラと相討ちしたが、ヤマトに空中殺法をさずけた。悲しみの中で二回戦が行われたが、ヤマトは空中殺法と回転地獄でビックハンターを倒した。が、その時、狂ったようにビックハンターが暴れ出した!!
白い戦士ヤマト 4巻
藤原良と愛犬ヤマト号は、闘犬大会でしりあった小助とブルドック犬・ジャンボといっしょに、闘犬修行の旅にでたが、黒いノイヌの群れにおそわれ、良を助けようとしたジャンボが重傷を負った。しかし、山中の洞穴で黒いノイヌの首領と対決。ヤマトの奮戦で勝利を収めた。小助らと別れ、良とヤマトは家路につくが、その途中で…!?
白い戦士ヤマト 5巻
選抜闘犬大会のあることを知った藤原良は、山形地方大会に愛犬ヤマト号を出場させる。苦戦しながらも決勝に進出し、宿敵ブルーザと対決。両犬ともゆずらず、勝負は北日本大会にもちこまれた。ある日、ひそかに善吉の家へいったヤマトの後を、良がつけていったが……。
白い戦士ヤマト 6巻
藤原良と愛犬ヤマト号は、宿敵ブルーザと北日本大会で再び対決したが、立花年男のやとった男が、鉛玉をヤマトにむかって打ち、セリ声をあげたヤマトは負けてしまう。怒った良は、ブルーザとの野試合を年男に申し込むのだった。
白い戦士ヤマト 7巻
野試合でブルーザを倒したヤマト号と藤原良は、子ギツネの死をきっかけに兄弟犬ハヤテとその飼い主憲一に出会った。しかし、猟犬として育てられてきたハヤテの残酷さにヤマトが怒り、兄弟同士で牙を向け合うことになってしまう…。その後、町でハヤテはブラッキーと戦い牙を折られてしまうが…!?
白い戦士ヤマト 8巻
東北の人気闘犬となったヤマト号は、兄弟犬ハヤテの牙を折ったブラッキーと対決、妖犬ブラッキーの恐ろしい牙折りが待ちかまえていたが、みごと倒し関脇の地位をえた。この試合ぶりをみこんだ闘犬界の長老、四股五兵衛の助言によって、良とヤマトは、いよいよ本場四国へ出発!!
白い戦士ヤマト 9巻
闘犬の本場四国の大会にのりこんだ藤原良と愛犬ヤマト号は、清十郎の怪犬リュウと激突、恐怖の関節技に戦闘不能におちいるが、ヤマト必殺のジョークラッシュが爆発し、両犬あいゆずらず、引き分けに終わった!
白い戦士ヤマト 10巻
藤原良と愛犬ヤマト号は、闘犬の本場四国の大会で横綱土佐王をも打ちやぶる活躍をみせた。しかし、その喜びも束の間、郷里山形では、良の姉アキコの誘拐事件がおきていた。一頭の狼犬と銃をもった少年がアキコを人質にした。ヤマトと良はアキコ救出に急行。どう猛な狼犬と対決するが…!?