reread
また読みたい
フォロー
夜が明けることのないAG(アンバーグラウンド)という名の地。首都を照らす人工太陽の光も届かない危険な土地で人々のテガミを届ける仕事があった。命を賭してテガミに託された“こころ”を運ぶ彼らを、人はテガミバチと呼んだ!
テガミバチ面接審査を受けるため、ユウサリにある郵便館(ハチノス)へ急ぐラグとニッチ。だが、途中、立ち寄った「行き止まりの町」の住人・ネリに、ラグの通行証が奪われてしまう。更に、ニッチを狙う謎の男が現れ…!?
ゴーシュが既にBEEではないと知ったラグは、真相を求めてユウサリに住むゴーシュの妹・シルベットの許を訪ねる。そこでラグは首都に旅立ったゴーシュの衝撃の運命を知る!!BEEと相棒の絆を描いた特別編も収録!!
テガミバチの任務で消耗したラグは、郵便館の医療班を訪ねることに。そこで、死骸博士と呼ばれる医者と出会う。そして、彼から、ゴーシュが失踪前に接触していたという「精霊になれなかった者」へテガミの配達を依頼され!?
ゴーシュの手がかりを求めて訪れた、ハニー・ウォーターズで突如、鎧虫に襲撃されたラグ。ザジたちと力を合わせて撃破するが、偽者の「精霊になれなかった者」の「こころ」には、なんとゴーシュの姿が――!!
ゴーシュの「こころ」を取り戻すため、「手紙弾」を手に入れたラグ。けれども、肝心の「テガミ」がうまく書けない。そんな時、舞い込んだ「絵テガミ」の差出人を探して欲しいという依頼が、ラグに「テガミ」を書くヒントを与える…!?
ゴーシュの足跡を追って訪れた氷河の里は、なんとニッチの生まれ故郷だった。村人の警告を振り切り伝説の生物「摩訶」が生息するという地底湖へと向かったラグは、そこでニッチの出生の秘密を知ることに…。
ノワールによる「テガミ」の略奪が相次ぐ中、訪れたラメントの町。その地の修道院が「リバース」の隠れ処であることに気づいたラグは、意外な方法で潜入に成功する。だが、そこで思わぬ人物と遭遇する事に…!?
ラグの手紙弾を受けて意識を失ったゴーシュ。彼が帰館し、騒然となる郵便館。緊急事態に追い打ちをかけるように、首都政府からやってきた元・テガミバチの監査役がラグとロイドに重大な指令を言い渡す…!!
風邪をひいたラグに代わり、「テガミ」を配達することになったアリア。相棒として同行したニッチと共に、「瞬きの日」に墜落した調査飛行船の乗組員のもとへと向かった。ところが、その道中で鎧虫に襲撃され…!?