あらすじ

ちょっとしたすれ違いに死ぬほど悩んで、好きな子への届かぬ思いを募らせ、妄想と現実の狭間を行き来し、泣いて、笑って、僕たちは卒業をむかえる。完結です。