また読みたい
フォロー
「歯ちゃん、世界は美しいねェ。」地球の内側には、もう一つの文明がありました。地球の内側はゴムボールのように空洞になっており、その内部世界にはもう一つの文明があった。一九〇八年に出版されたウィリス・ジョージ・エマーソン著『THE SMOKY GOD, or, a Voyage to the Inner World』などを参考に、地球空洞説を大胆に取り入れて描かれる、人と人外たちの知られざる因縁と美しき景観。内部世界『シャンバラ』唯一の人間・ビコと、その友達・歯ちゃんの冒険を通じて明らかになる、その歴史とは。侵略戦争や、民族紛争、差別や宗教摩擦… 地球外皮歴史とリンクするような出来事は、地球の内部でも起こっていた!?
全編フルカラー! 人外の住む地球内部世界をビコと歯ちゃんが大冒険! 『この世界の片隅に』監督・片渕須直も共鳴! “ひらのさんのアートの力は、現実から遠い彼方を目指しながら、決して大地に触れた足を離さない。”なぜ世界は美しいのか、なぜ人は戦うのか、なぜ恋に落ちるのか。地球内部世界・シャンバラに生まれ育ったビコと歯ちゃん。二人は世界を知るために旅に出る。旅先で出会う人外の生物、愛を自覚したロボ、侵略者の人間、伝説の生物・河童、そして多民族多様性国家を“水”の分配によって統治を目論む水質管理局とその実質の王・クマ… 侵略戦争、民族紛争、水の利権争いや差別、新興宗教によるテロリズムなど、まるでこの地球上の歴史とリンクするような出来事は、地球の内部でも起こっていた!?