通天の角(1)
「ワシは商売人の息子やで…。この店で産声をあげてから今まで商人の根性が五臓六腑に染み込んどるわ!」――大阪・新世界、「洋服の岩下」の跡取り息子・春男は店も手伝わず、賭け将棋に明け暮れる毎日だ。父親が経営する店がうまくいかず、彼が立て直しを図ることに。はたして春男が目指すのは日本一の商売人であった!
通天の角(2)
「激安商品で客を感動さすんや!迷うてるヒマなんかあるかい!売って売って売りまくるんやあああッ!」――新世紀の激安王・岩下春男は、本日も四割引の大盤振る舞い!ある日自分の仕入れた商品が盗品だとする新聞記事を目にした彼は…!
また読みたい
フォロー