霧の柩
薩摩藩士が命懸けで行った宝暦の治水工事をダイナミックに描いた表題作をはじめとした中島徳博の傑作短編4作品を収録したスペシャル自選集。宝暦三年、薩摩藩に木曽、長良、伊斐の三河川治水工事の幕命が下る。薩摩藩士・肝付兵庫(きもつけ・ひょうご)は、それは薩摩藩の財政の衰弱壊滅を狙った幕府の謀略だと言い、なぜこのような幕命に屈するのかと薩摩藩家老へ詰め寄るのだが……!?