icon_reread
また読みたい
フォロー
東京ゲンジ物語 (1)
ー俺の周りでは よく人が死ぬーゲンジに次々と迫る奇妙な「死」。それは子供の頃にゲンジが殺したかもしれない友人の 呪いなのか? ひとつの「死」の謎が解かれるたび、さらに深まる最初の「死」に秘められた恐るべき真実。謎を解くカギは美しきカリスマの死神・冬夜(とうや)。そしてゲンジ自身の 「記憶」。『金田一少年の事件簿』天樹征丸と『絶愛』尾崎南の初タッグによる、過去と記憶と死を巡るサイコミステリー。
東京ゲンジ物語 (2)
ー俺の周りでは よく人が死ぬーゲンジに次々と迫る奇妙な「死」。それは子供の頃にゲンジが殺したかもしれない友人の呪いなのか?ひとつの「死」の謎が解かれるたび、さらに深まる最初の「死」に秘められた恐るべき真実!!
東京ゲンジ物語 (3)
またゲンジの周りで人が死ぬ。ゲンジに届けられた冬夜の新曲は『BLOODY RONDO―血の輪舞曲―』。そしてジュンが心酔する彼女の名は『マリア』。言葉がゲンジの不吉な記憶を呼び覚ます。
東京ゲンジ物語 (4)
遂に明かされるマリアの謎。ふたりを追うゲンジが目にしたものは…。そしてゲンジが恐れる、過去の記憶するトラウマと事件とは…!?
東京ゲンジ物語 (5)
遂にパンドラの箱は開かれた!? ゲンジが抱える子供時代の記憶とトラウマ。不安と恐怖の原因が明らかになる! 冬夜とゲンジとの因縁とは…? 「記憶」という忘却の彼方に見えるのは真実なのか!?