icon_reread
また読みたい
フォロー
伴天連XX(1)
町人文化が花咲き、隆盛を極める江戸の町――。しかし、その栄華の影で、闇に蠢くものたちがいた……。ある日、瓦版に書かれた河童の噂に興味を持った浪人の獅子緒は、河童を探しに佃島へと向かう。瓦版屋の番太郎も、自分の書いた記事の真相を確かめるべく獅子緒に同行するが、そこで彼らを待ち受けるものは河童ではなく……!?鬼才・猪原賽が大胆な解釈でクトゥルー神話を綴り、実力派・横島一が豪快なアクションで描く、問答無用のエンターテインメント!!〈巻末には、底本のカバーや表紙などに掲載されていたイラスト、漫画を「電子版オマケ」として特別収録!!〉
伴天連XX(2)
くとぅるぅの手がかりを求め、平賀源内を追う獅子緒達。そんな彼等の前に現れたのは、天才浮世絵師・葛飾北斎。天才と“神の筆”が出会う時、戯画狂乱の宴が始まる!奇想天外、和洋折衷時代劇。急転直下の第二幕、いざ開幕!!〈巻末には、底本のカバーや表紙などに掲載されていたイラスト、漫画を「電子版オマケ」として特別収録!!〉
伴天連XX(3)
遂に、旧支配者としての本性を顕にした平賀源内。その“混沌”の意志は果たして勝つのは人の意志か、神の思惑か?奇想天外、和洋折衷時代劇。紫電一閃の第三幕、いざいざ開幕!!〈巻末には、底本のカバーや表紙などに掲載されていたイラスト、漫画を「電子版オマケ」として特別収録!!〉