icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み
587年、蘇我氏と物部氏の対立は、ついに戦へと発展し、蘇我馬子率いる連合軍が物部氏の本拠地へと攻め入った。その軍勢の中に、ひとりの少年の姿があった。彼こそが、後に女帝推古の摂政となる聖徳太子である……。悲劇の皇子と呼ばれる聖徳太子の生涯を、独創的な視点で描く!