icon_reread
また読みたい
フォロー
海鳥 空へ…
高校2年生の陽と徹、美由紀がフォークグループを結成した。コンテストの出場を目指し、練習に励む3人だったが、ある日、徹が心臓に病気を抱えていることを二人に告げ…。十代の青春を爽やかに謳い上げた珠玉の短編。(1980年「コロネット」冬の号掲載全90ページ)
くたばれ! デート
ひょんなことから、あこがれの女の子・亜希子とデートをすることになった拓。デートコースを入念に下調べし、計画を立て、準備は完璧!いよいよ、初のデートに臨む拓だったけど…!?(第32回まんが研究生《※少女コミック新人賞》準入選作品。1979年「増刊少女コミックデラックス」に掲載。全28ページ)
さっちゃん風をきる!
鉄棒でどうしてもできない大車輪を、クラスメイトのさと子がなんなくやってのけるのを見た修。負けず嫌いな修は、必ずできるようになってみせると宣言するが、さと子は、あと5日で転校してしまうのだという。はたして、修はさと子に大車輪を見せることができるのか…!?小学生の初恋をさわやかに描いた感動作。(1981年「コロネット」冬の号掲載全30ページ)
祭り白書
次期生徒会役員の選挙が近づいてきたある日、クラスで立候補者が募られ、手を挙げたのは、クラスでいちばんおとなしくて控えめな女の子・里子だった。里子は荒れ果てた花壇を整備し、花のある美しい学校をつくりたいのだという。しかし、選挙の日が近づくにつれ、周りのみんなが盛り上がりすぎて…!?(1980年「コロネット」創刊号掲載作品全50ページ)