あらすじ

調教師から「直接会って話がしたい」といわれ、風間は連勝中で絶好調のビッグエスケイプの身を案じる。だが、今後のローテーションの確認として、ライバル・ザテイオーとの直接対決は青雲賞にしたいと伝えられ、次走に予定していた特別1400m戦を回避することが確認されただけだった。この日の本題というのは、1勝はしたものの、その後は2桁着順が続くワールドトラベラーの処遇についてだった。地方競馬の騎手学校から引き取りたいとの申し出があったのだ。