すれ違うままに
ダイアナは訪れたパーティーで、初恋の相手マックス・フォーチュンと10年ぶりに再会した。学生の頃に留学先で彼と出会い、互いにひと目で恋に落ちた。彼女は甘い日々が永遠に続くと思っていたが、マックスはそうではなかった。彼は一時の遊び相手を求めていたのだ。ダイアナの心は深く傷つき、それは今も癒えてはいない。今や大事業家として忙しい彼。刹那の恋の相手など覚えてるはずないと思っていたのに、忘れてない上に、どうして私よりも傷ついた顔をしているの?
また読みたい
フォロー