あらすじ

離婚コンサルタント羽島裕介は、ありとあらゆる手を使って夫婦やカップルを別れさせる、スゴ腕の離婚屋。秘書の葉月ルイ子と共に奇想天外な手段で離婚を仕掛けて行く。第56話「赤い屋根の家に住む女」:60歳の加藤忠太郎は、連日続くリアルな夢に悩まされていた。夢の中では結婚した若い女性になっており、妊娠している。また夫の浮気に気づき、夫を殺そうとしていた。その不思議な夢の謎を解こうと、調査を始める忠太郎。