疫神のカルテ(1)
兄と二人暮らし、平凡な毎日を送る少女・赤野衣兎。その日常はある日突然、壊れて消えた。超常能力を発現する病「疫神症候群」を発症した兄は血を振り撒く怪物と化し、現れた国防隊は平和のために、無情にも兄の殺害を決断する。しかしその時「医療遂行機構」を名乗るふたりが、国防隊を制止した。「目の前にいるのは患者だ。我々は患者を救うために来た」 彼らは「疫神症候群」の患者でありながら、その超常能力を使って「疫神症候群」の治療に挑む、医者だった。“ハードボイルドの純血統”樋口紀信が描き出す、「医療」と「異能」の臨界点。死闘と救済の超倫理医療SFアクション、ここに開幕!!
疫神のカルテ 2巻
「安楽殺」――それは、疫神症候群に侵された患者に、医者が出来る最後で最悪の救い。罹疫部隊のメンバーとして、初めての疫神災害の現場に臨場した赤野衣兎は、そこであまりにも過酷な疫神患者の運命と直面する。その現実の前では、「救いたい」という言葉すら、浅薄に聞こえるほどに。「医者は神様じゃない。ただ、人間が頑張っているだけ。」「あなたを救いたい」その儚い叫びは届くのか。「医療」と「異能」が交錯するハードボイルドSFアクション。刮目の第2巻!!
疫神のカルテ 3巻
「黒浦製薬」それは、疫神を人類の敵と定め、滅ぼすことを目的とした団体。その組織からの告発者から明かされた恐るべき「疫神兵器化計画」。患者を守るため、医療の未来を照らすため、罹疫部隊は総力を挙げて黒浦製薬との対決に臨む――!! 「異能」の力で「医療」を拓く。ハードボイルドSFアクション、遂に完結!