六道闘争紀 1巻
終末後の世界に、人々が熱狂する最凶の娯楽があった――。それは、義鎧と呼ばれる特殊機械で殺し合い、“最強”を決める、六道(ろくどう)トーナメント。チャンピオンは富、名声、力を手に入れ、まさに世界の王様になる。一方、華やかなトーナメントとは程遠いスラムに、少年・縁は、捨てられた義鎧を売って生きていた。ある日、義鎧の人体実験に巻き込まれ、絶体絶命の状況に陥った縁は……。“最底辺”の少年が、“最強”に出逢ったとき、世界は一変する! 『童子軍鑑』の小田世里奈が描く、最強決定成り上がりバトルアクション、ド派手に開幕!
六道闘争紀 2巻
六道トーナメント予選、【蠱道(こどう)地獄】が始まった。ルールは単純。とにかく多くの敵を倒した奴が突破できる修羅の死闘。3万人の参加者から、通過の基準となる上位10%に名を連ねるため、縁は2年間の修行の成果を発揮する。一方、異常なまでの撃破数を稼ぎ出し、会場中の注目を浴びる男・是空(ぜくう)がいた。その凶悪的な強さは、必然。なぜなら彼は……前チャンピオンを殺した男だった! 是空の使う義鎧は、竜。名を蟠竜(ばんりゅう)と呼び、まるで意思のある生き物のように縦横無尽に喰らいつくす。強者であることへの執着から、参加者たちを残虐に殺戮し、彼らの夢を嘲笑する是空に、縁は決死の勝負を挑む! 単行本1巻発売時に声優・遊佐浩二氏が出演したPVで話題沸騰の成り上がりバトルファンタジー! 戦いが激化する【蠱道地獄編】、開幕!!!
また読みたい
フォロー