reread
また読みたい
フォロー
時は大正二十年。日常の影に潜む妖なる存在から、帝都を護る者たちがいた。鳴海探偵社に身を寄せる若きデビルサマナー、十四代目葛葉ライドウもそのひとりである。煌びやかな外観とは裏腹に、様々な欲望が渦巻く帝都。奇妙な事件を解決していくライドウたちの周辺に、やがて畏怖すべき存在が迫りくる……。今、闇が帝都に潜む。
時は大正二十年。日常の影に潜む妖なる存在から、帝都を護る者たちがいた。鳴海探偵社に身を寄せる若きデビルサマナー、十四代目葛葉ライドウもそのひとりである。ヤタガラスの使者より、『供倶璃の媛』護衛の任務が下されたライドウ。さらなる怪事件を追うライドウの前に、謎の組織が襲い掛かるのだった……。今、闇が帝都で動く。
時は大正二十年。日常の影に潜む妖なる存在から、帝都を護る者たちがいた。鳴海探偵社に身を寄せる若きデビルサマナー、十四代目葛葉ライドウもそのひとりである。『秘密結社コドクノマレビト』と名乗る集団に、徐々に蝕まれつつある帝都。『供倶璃の媛』を求める邪悪な者共を阻止すべく、ライドウと阿倍星命は次なる事件を追う……。今、闇が帝都に出づる。
時は大正二十年。帝都で相次ぐ怪事件の裏には、『秘密結社コドクノマレビト』の存在があった。幾多の怪事件――“実験”の末、彼らは作戦の障害となる帝都の守護者、十四代目葛葉ライドウの排除に成功。『供倶璃の媛』を簒奪すべく、鳴海探偵社を襲撃する……。今、闇が帝都を喰らう。
時は大正二十年。『秘密結社コドクノマレビト』は、『供倶璃の媛』に蓄えられた霊力を解放し、強大な悪魔を召喚しようとしていた。だが、異世界より帰還した十四代目葛葉ライドウの刃が敵の作戦を食い止める――!今、闇が帝都に堕ちる。
時は大正二十年。闇に閉ざされた帝都では『秘密結社コドクノマレビト』と『超國家機関ヤタガラス』の総力戦が行われていた。人も、悪魔も、生きとし生ける者すべてが命を散らし……、ひとつの闇が、すべてを喰らう――!?今、光が帝都を包み込む。