reread
また読みたい
フォロー
上京して一人暮らしをしている平凡な大学生・アキ(彼女なし)のもとに、実家で飼っている猫のミルがアキを慕って押しかけてきた。それも女子校生の姿で――――。その日から、自称「化け猫」のミルとの奇妙な同棲生活がスタートすることに…。
都会でひとり暮らしの男子大学生・アキの元に転がり込んできた女子高生は、アキが実家で飼っていたネコ・「ミル」が化けた姿であることが判明。なしくずし的に、ふたり?ひとりと1匹?による奇妙な共同生活が始まりましたが…!?
都会でひとり暮らし中の男子大学生・アキと、アキが実家で飼っていたネコ・「ミル」との不思議な共同生活も3冊目。お正月に帰省したアキの前に登場したのは、アキの元カノでもあるらしい高校時代の同級生・中越さん。ところが、どうやらミルは彼女のことを昔からずいぶん嫌っているようで??
「化けネコだから、死なない。死なないから、お別れはずっと先のこと――」そう信じて暮らしていたはずのミルとアキ。ささやかだけれど、幸福なふたりの生活は化けネコ界の総大将・マツさんの上京により一転してピンチへと追い込まれてしまう…。ふたりを引き離そうと策を弄するマツの前にお互いの信頼関係は崩壊寸前!?ヒトとペットの絆の物語、風雲急の第4集!!
ミルをアキから引き離そうとした化けネコ界の総大将・マツの脅威は去り、ひとりと一匹の生活に平穏な時間が戻ってきました。でも、それは同時にヒトとペットの関係があまりにもモロくて危ういものであることを痛感させられる出来事で…。自らの「居場所」に敏感なミル。ミルの居場所を作ろうと必死なアキ。大学の仲間やバイト先のおかみさん、そしてもう一匹の化けネコ・鼻ピンクらに囲まれてゆるやかに過ぎてゆく日常の中で、ふたりの関係にも少しずつ変化が――!?
「飼い主・アキの邪魔になりたくない――」自らを追い込み、自らの存在を引け目に感じてとうとう失踪してしまった化けネコのミル。彼女の思いの重さにようやく気がつき必死でミルを捜し回るアキ。その果てにはいったい何が待つのか…!?飼い主を想うペットの心。ペットを想う飼い主の心。その温もりが隅々まであふれる感涙の最終巻です。