あらすじ

恋をしたらだめなんだ 千耀(ちあき)と話していると今まで知らなかった気持ちが溢れてくるのを感じる未仁(みに)。ところが…千耀には遠恋中の彼女がいることが判明! 未仁は、「恋」をしていたわけじゃなくて「恋」をしたいから相手に千耀を当てはめて見ていただけと気持ちを手放そうとするけれど――。