icon_reread
また読みたい
フォロー
剣の女王と烙印の仔(1)
周囲の者の命運を喰らう獣の烙印を持つ少年クリス。細い身体に大剣を帯びた少女ミネルヴァ。ふたりは血煙舞う夜に出会い、そして運命の輪が加速度をつけて廻り始める…。全てを歪めていく烙印の力に翻弄されながら、ふたりの戦いの日々が幕を開ける!「神様のメモ帳」の杉井光原作の超本格王道ファンタジー開幕!
剣の女王と烙印の仔(2)
周囲の者の命運を喰らう獣の烙印を持つ少年クリス。細い身体に大剣を帯びた少女ミネルヴァ。ミネルヴァは両の眼の間をクリスの剣で貫かれる託宣を受けている。クリスの持つ烙印の力で、死の運命すら喰らったはずが、予言は未だに続く…。戦乱の最中、ついにクリスの剣がミネルヴァに向けられる!!
剣の女王と烙印の仔(3)
予言を打ち破り仇敵コルネリウスを破ったクリスとミネルヴァ。敵軍の中で孤立する彼女らの元に現れた人物とは!?そして死の不安から開放されたはずのミネルヴァがあらたに授かった託宣とは…!?そしてあらたにクリスに手を伸ばしてきた死の神の影…。そして白騎士の登場で運命の流転は勢いを増す!
剣の女王と烙印の仔(4)
命運を喰らう『獣の烙印』を持つ少年クリスと、予知能力を持つミネルヴァ。デュロニウス軍によって窮地に追い込まれ、ついにクリスは冥王の力を解き放つという、危険な賭けに出る!クリスとミネルヴァの剣は、光を導き運命を切り開くことができるのか――。