あらすじ

強制的に五色台学園を廃校にしようと動きを強める教育員会。一方学年総代の信長は自らの音楽の道に進むべく、英国音楽院への受験を決める。しかし廃校は決定され、信長の受験日に強制退去させられてしまうことに。徹底抗戦のため、そして信長の受験を守るため学園に籠城する信号たち。自らの道を歩むための、最終決戦が始まる。「凡人であることを肝に銘じてオレは何者でもなく生きる!」