あらすじ

『100年に1度の特別な血』を持つ16歳の女子高校生・灰月美亜は、吸血鬼の義兄・セスの協力のもと、他の吸血鬼たちから身を隠しながら生活を送っている。力のある吸血鬼・ルカとの戦いに勝った美亜たちは、巨悪の根源である王を倒すため、歩みを進めようとしていた。そんな中、ルカの心臓を取り込んだことで吸血鬼の力が暴走してしまうようになったセスに、美亜は別れを告げられてしまう。納得のできない美亜は、本来のセスを取り戻すためにセスの心に入り込み――…!?