あらすじ

『100年に1度の特別な血』を持つ16歳の女子高校生・灰月美亜は、吸血鬼の義兄・セスの協力のもと、他の吸血鬼たちから身を隠しながら生活を送っている。そんなある日、美亜のクラスに、セスが担任として赴任して来た! 学園内にまで吸血鬼が出現したことから美亜の身を案じてやって来たと言うが、美亜からするとエンジョイしているようにしか見えず…? 他の生徒たちと楽しそうにしているセスを見て嫉妬が募った美亜は、彼への想いが大きくなっていることに気づき…?