あらすじ

『100年に1度の特別な血』を持つ16歳の女子高校生・灰月美亜は、吸血鬼の義兄・セスの協力のもと、他の吸血鬼たちから身を隠しながら生活を送っている。そんな中、同級生の御門千悠にセスの正体がバレてしまい、美亜は彼に、セスから離れるようにと言われてしまった。しかし、セスとの穏やかな暮らしやセス自身を守りたいと思っている美亜。そこで、吸血鬼に詳しく、力もある千悠に、守るための方法を聞きに行くことにした。