あらすじ

“耄霊(もうりょう)”──。人間の負の感情が理性の器を超え、獣の姿を得てあふれ出たモノ。それを狩る組織“TR1M(トリム)”に所属する吾郷丹華(あごうにか)は、任務のために赴任した高校で、不思議な生徒に出会う。天番整(アマツガトトノ)──孤独に生きる少年は、その外見と裏腹に、心に優しさを、そして右腕に恐るべき秘密を抱えていた。闇をもって闇を狩る、新たなるダークヒーロー譚始動!! 『星野、目をつぶって。』の永椎晃平、最新作!! “”決戦“────。対耄霊組織・TR1Mが有する最高戦力”特等“と仇敵”耄霊化集団“の首魁が相まみえる。”獣の腕“を持つ少年・天番整は、戦いの日々の中で友達と呼べる存在を得て、束の間の安息を手に入れる。その一方で、整の幸せを願う吾郷丹華は迷いと葛藤を胸に秘めていた───。耄霊化集団とTR1Mの総力戦が始まり、天番整の恐るべき秘密が明かされた時、”獣の六番“の扉が開く───!!