お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが今しばらくお待ちください。【更新: 1/26(水)21:30】自由広場の検索が復旧しました。全面復旧は1/28(金)を予定しています。
夜の名前を呼んで 1
不安が募ると夜を呼んでしまう少女とその担当医・レイ。魔法と幸せがいっぱい詰まったふたり暮らし。「あなたが夜を呼ぶのは“光”を思い出すため」。不安が募ると辺りを暗闇に染めてしまう病気を持つ少女・ミラ。その病を治すため、心優しき医者・レイとともに森の奥で暮らしている。空から降ってくる星をジャムにしたり、自信をつけるために早起きを頑張ったり、小さな日常をひとつずつ大切にすることで、ミラはかつての自分を徐々に取り戻していく。しかしある日、夜の病気に興味を持ったレイの友人がふたりの元に現れ、ミラを不安にさせる……!すぐには治らない病、その壁に立ち向かっていく患者と医者のヒーリング・ストーリー。心の温度が直に伝わってくる人物の表情や、呼吸をしているかのように瑞々しく描かれた植物たち。確かな表現力を持つ三星たまの、初の単行本。読切&ショート・ショート8本を収録した、『星の子どもたち 三星たま短編集』も同時発売!
夜の名前を呼んで 2
新たな出会いがミラの世界を鮮やかに彩る第2巻!不安を感じると、人や空間を真っ暗にしてしまう“夜”を呼ぶ少女・ミラ。その病を治すため、担当医レイと森の奥にふたりで暮らしている。病のせいでレイ以外の他人と話ができないミラのもとに、ヤギのぬいぐるみの姿をした客人がやってきた!可愛い見た目にミラの緊張も徐々に解けていき、その客人が話す「ほしうたのいし」の話に夢中になっていく。星のかけらと石が一体化してできた「ほしうたのいし」の魅力とは? さらにその客人にも隠された秘密があって……。他にもミラのお仕事体験「魔法薬のせかい」、ミラが初めて勇気を振り絞った「風邪の日。」や、自分を傷つけることしか知らなかったミラと、彼女を救おうとするレイの出会いを描いた過去編も収録!
また読みたい
フォロー