icon_reread
また読みたい
フォロー
抱かれた棘と甘い吐息(2)
女性に春を売る高級娼夫の右京の家に仕え、“からかい”と称して体に触れられるのばら。ある日、いきなり現れた男に、屋敷から出ていくよう命令されてしまう! その男によって悲しむのばらの前に、右京が現れて―!? 愛と哀が交錯する、明治艶事ストーリー!
抱かれた棘と甘い吐息(3)
高級娼夫である右京から愛撫をうける日々の中で、彼の優しさにも触れるのばら。彼の娼夫としての仕事に、もやもやする気持ちを持ってしまう。自分の気持ちに戸惑うのばらに、右京がいきなり交際の申し込みをしてきて―!? 愛と哀が交錯する、明治艶事ストーリー!
抱かれた棘と甘い吐息(4)
右京への恋心に気づいたのばらは、右京に恋をして結婚を求めてきたマダムと自分とを重ね合わせてしまう。恋心に苦しむのばらをよそに、右京はご褒美として、激しい愛撫で心も体も乱してきて―。愛と哀が交錯する、明治艶事ストーリー!
抱かれた棘と甘い吐息(5)
のばらは右京からキスマークを求められ、気持ちの高まりから愛しい想いを告げそうになってしまう! のばらの想いは右京に届くのか―? そして、寺子屋の先生とのハプニング発生!? 高級娼夫への報われない想いが止まらない! 愛と哀が交錯する、明治艶事ストーリー!
抱かれた棘と甘い吐息(6)
寺子屋の先生・成田新二郎の自分への行動に戸惑うのばら。ある夜、新二郎はのばらの雇い主である右京の娼夫としての姿を知ってしまう。その後、新二郎は、のばらのもとへ駆けつけて―!? 愛と哀が交錯する、明治艶事ストーリー!
抱かれた棘と甘い吐息(7)
カラダだけで、心の繋がりを求めていない右京を忘れるため、新二郎と逢引をするのばら。その最中、新二郎は強引にのばらを抱きしめてくる。嫌がるのばらを助けたのは、右京だった! のばらの気持ちはまた揺れ動いて…!? 愛と哀が交錯する、明治艶事ストーリー!
抱かれた棘と甘い吐息(8)
右京への恋心を改めて自覚し、新二郎の告白を断ったのばら。ある日、のばらは幼馴染の焔と再会する。焔の仕事は右京と同じく「娼夫」だった! へたくそで女性をイカせたことがない焔は、のばらに情事の練習を頼んできて…!? 愛と哀が交錯する、明治艶事ストーリー!