icon_reread
また読みたい
フォロー
メロウ・メロウ~秘書は社長に片想い~1
「じゃあ、ねだってごらん」高浜真美は柏木グループの社長・亮の秘書で愛人。幼いころに母を亡くし、法事の席で亮に救われた真美は秘かに亮を想い続けていた。秘書と社長、いつまで続くか分からない身体だけの関係だとしても、愛した人に抱かれる悦びに逆らえない――。そんなある日、亮は真美に「来月の誕生日に式を挙げる」と宣言する。亮と結婚できる、と夢のような気持ちで帰宅した真美だが、妹は「亮さんと結婚するのは私」と告げる。高浜家は代々柏木家に仕える家。結婚の申し込みは柏木家から高浜家へのものであり、血の繋がりのない真美にその資格はない、と…。思いがけない形で訪れた別れの予感に、真美の心は乱れる――。
メロウ・メロウ~秘書は社長に片想い~2
「じゃあ、ねだってごらん」高浜真美は柏木グループの社長・亮の秘書で愛人。幼いころに母を亡くし、法事の席で亮に救われた真美は秘かに亮を想い続けていた。秘書と社長、いつまで続くか分からない身体だけの関係だとしても、愛した人に抱かれる悦びに逆らえない――。そんなある日、亮は真美に「来月の誕生日に式を挙げる」と宣言する。亮と結婚できる、と夢のような気持ちで帰宅した真美だが、妹は「亮さんと結婚するのは私」と告げる。高浜家は代々柏木家に仕える家。結婚の申し込みは柏木家から高浜家へのものであり、血の繋がりのない真美にその資格はない、と…。思いがけない形で訪れた別れの予感に、真美の心は乱れる――。