あらすじ

青森でリンゴ農家を営む老夫婦・正蔵とイネ。ある日目覚めるとふたりは若い頃の姿になっていて!?イケメンなじいさま&美人なばあさまが巻き起こす、お騒がせおしどり夫婦コメディ!コミックス描き下ろし28Pマンガも収録!
じいさんばあさん若返る(1)
青森でリンゴ農家を営む老夫婦・正蔵とイネ。ある日目覚めるとふたりは若い頃の姿になっていて!?イケメンなじいさま&美人なばあさまが巻き起こす、お騒がせおしどり夫婦コメディ!コミックス描き下ろし28Pマンガも収録!
じいさんばあさん若返る(2)
WEB累計1億PV突破!不思議なリンゴを食べて若い頃の姿に戻った正蔵とイネ。若返った相手にお互いドキドキが止まらない!? お騒がせおしどり夫婦コメディ、待望の第二弾!コミックス描き下ろしマンガも収録!
じいさんばあさん若返る(3)
シリーズ累計38万部突の、おしどり夫婦コメディ最新巻!ニコニコ漫画年間ランキング2020(ユーザーマンガ部門) 第1位!畑に実った不思議なりんごの力で、体が若返った老夫婦・正蔵とイネ。周囲の困惑もどこ吹く風で、変わらぬ穏やかな日常を送るふたり。だが正蔵だけ元の姿に戻ってしまい!?見た目は変われど生き様は変わらず!! お騒がせ若返りコメディ第3巻!!単行本描き下ろしエピソード20P超収録!
じいさんばあさん若返る(4)
シリーズ累計60万部突破!(電子版含む)ニコニコ漫画2021年上半期ランキング(ユーザーマンガ部門)第1位!畑に実った金色のりんごの力で体だけ若返った、りんご農家の老夫婦・正蔵(しょうぞう)とイネ。今度はイネが体だけでなく、記憶も若い頃に戻ってしまい…!? 正蔵はイネの記憶を取り戻せるのか!?長年連れ添ったおしどり夫婦の、お騒がせ若返りコメディ好評第4巻!!20ページ超の描き下ろしマンガも収録だべ!
じいさんばあさん若返る(5)
正蔵とイネ、ついに念願の新婚旅行へ!?金色のりんごの力で体だけ若返った、なかよし老夫婦のお騒がせ若返りコメディ、怒涛の第5巻!!
じいさんばあさん若返る(6)
念願の新婚旅行から帰り、穏やかな日常に戻った正蔵&イネ。だが、ふたりの前に自分たちと同じようにりんごを食べて若返った夫婦が現れて!?コミックアルナ(毎月中旬頃発売)で紙媒体連載もスタート!青森でりんご農家を営む仲良し夫婦の、お騒がせ若返りコメディ、好評6巻!
じいさんばあさん若返る(7)
じいさまを改めて異性として意識しはじめた、ばあさまが取った大胆な行動とは!? 青森でりんご農家を営むおしどり夫婦・正造&イネの、お騒がせ若返りコメディ、好評7巻!
じいさんばあさん若返る(8)
お正月は子供も孫も斎藤家に大集合!! 青森でりんご農家を営む仲良し夫婦のお騒がせ若返りコメディ、堂々の完結!
アンダーテイカー

アンダーテイカー

死者が甦る世界。事故死、寿命、自殺…様々な原因で 亡くなり甦った者たちは“蘇体”と呼ばれ、生きる者の寿命を奪いとり、自らの糧とするのだ。蘇体に永遠の安らぎを与えるのは、見た目 少年と老人の謎コンビ!? 今までかつて見た事のない“戦うお葬式”が始まる――!! 『じいさんばあさん若返る』新挑限が描く、ダークファンタジー開幕!!
幼なじみになじみたい

幼なじみになじみたい

幼い頃過ごした青森の大学に進学した大助は、小学生の時に仲がよかった幼なじみの女の子・日野まつりと再会する。まつりは以前と同じように気さくに接してくるが、大助は美しく成長した彼女を異性として意識してしまい…!?pixiv&Twitter&ニコニコ静画で話題沸騰!累計閲覧数2500万回突破の、ドギマギ幼なじみラブコメディ!!
じいさんばあさん若返る

いい夫婦ラブコメ&ホームドラマ

じいさんばあさん若返る 新挑限
六文銭
六文銭
タイトルどおり、じいさんばあさんが若返って、しかもイケメン美女になるって話。 じいさんばあさん時代からおしどり夫婦なので、若返っても基本は仲良し。 じいさんがイケメンになったことにより、孫娘とか、息子の嫁(義理の娘)が惚れてしまいそうになるが、じいさんは、ばあさん一筋なので、そこまで問題無い感じ。 ばあさんも、美女なので他の男に(以下同上… 若返ったからとって、例えば、若い子にハッスルしたりしない。 昔はやれなかったことを、お互いを思いあって尽くし合う感じは、いい夫婦だなぁと読んでてほっこりします。 東北なまりもどこか優しい感じが良いですね。 また、若返る前のエピソードと交錯させるストーリー展開は、家族の縁や絆を感じて、うるっとさせるホームドラマ的な作品でもあります。 じいさんばあさん時代は、どうしても避けられない死が目前に迫っているので、夫婦としてどう向き合っているかは良い話でした。 じいさんばあさんが若返る→出オチ な感じがしますが、そんなことはないです。 最終的に、もどったりするのかな?今後が楽しみです。 余談ですが、小畑健先生の『サイボーグじいちゃん』のばあちゃんが若返ったシーンに子供ながらにその色気に興奮したけど、本作は安心して読めます。(何が?)