icon_reread
また読みたい
フォロー
ふしだらなフェイス(1)
赤松杉男(あかまつ・すぎお)は、慶応大学を目指す浪人2年めの予備校生だが、将来は堅気な職に就くつもりはない。出張ホストのバイトを始めてから、暇な主婦の遊び相手をして大金を手に入れるようになり、生活が乱れ出した。SEXが強い赤松は、性に餓えた人妻から何度も指名されることもザラで、超美人妻の有藤からは専属契約…愛人になって欲しいと言われる始末。そんなある日、いとこの真実(まみ)が上京して杉男の部屋を訪ねてきた。女優になりたくて家出をしてきた真美は、しばらくの間、杉男のアパートに住むと宣言したものだから…!いとこ同士のみだらな生活が始まった!!
ふしだらなフェイス(2)
赤松杉男(あかまつ・すぎお)のアパートに転がり込んだ、いとこの真実(まみ)は、ランジェリーパブでバイトを始め、その抜群のスタイルで、すぐに客から指名が入るようになる。そして、出張ホストで人妻をあさる杉男も、真実のことが気になりはじめた。そんな時に、真実を指名した鳴海という医者は真実が処女だと知ると、ホテルに一緒に泊まるだけで200万円を払うと言う。大金の誘惑に負けた真実は、鳴海と同じベッドに入って…!!
ふしだらなフェイス(3)
女優を目指してランジェリーパブ「スコッティ」で働く真実(まみ)は、スタイル抜群のプロポーションから、あっという間に新宿歌舞伎町で話題が広まる。そして、女優の道への足固めとして芸能学校へ入学し、イケメンの南条ケンジと知り合う。一方、出張ホストのバイトに励む杉男は次第に大学入試の勉強にも身が入らなくなる。それは、同居人でいとこの真実から自分は処女でなくなったと聞かされたからだ。次第に、真実のことを強烈なSEXシンボルとして意識し始める杉男は、真実にスキンシップを求める。そして真実は、慶大合格か出張ホストをやめるなら、SEXしてもいいというのだが…!!
ふしだらなフェイス(4)
女優を目指す真実(まみ)は、ビデオシネマ『野獣の夜』のオーディションを受け、南条ケンジと共に合格する。合格祝いの勢いで、二人は朝までSEXを重ねる。アパートに帰った真実は杉男に体を求められ、ついに二人は結ばれ快楽の虜になる。やがて、杉男は主張ホストではなく、本格的にナイトクラブのホストになることを決意する。一方の真実は、ビデオシネマの監督から、打ち合わせだと称してホテルに連れてこられるのだが……!!
ふしだらなフェイス(5)
ナイトクラブで働きだした杉男は、真実(まみ)と快楽におぼれるようにSEXを重ねる。真実は、ビデオシネマの撮影が順調に進み、加えてヘアヌードの写真集の話が持ち上がり、どんどん世の中に知れ渡るようになる。一方、杉男の大学受験は上手くいかず、三流の凸凹大学に入学することとなる。だが、キャンパスでエミリという知的な美人女子大生と運命的な出会いをして…!!杉男と真実のみだらな欲望生活、これにて完結。