お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・自由広場検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが、復旧までしばらくお待ちください。
19番目のカルテ 徳重晃の問診(1)
「病理」「産科」「放射線科」、18のスペシャリストが活躍する病院に誕生した、19番目の新領域、“患者を診る”という専門医。それが、総合診療医である。物語の中で見た「なんでも治せる」お医者さんに憧れる、3年目の女性医師・滝野は、細分化された専門領域で、それぞれの専門を極めることを是とする医者のシステムの中で、理想と現実のギャップに悩んでいた。そんな中、滝野の前に、総合診療医・徳重が現れる!
19番目のカルテ 徳重晃の問診 2巻
現代の医療に必要なもの、それは「対話」だ。糖尿病、睡眠時無呼吸症候群…どんな病気でも、ひとりの患者には、その人だけの悩みが、苦しみが存在する。患者にとって「本当に必要な治療」を、対話によって見つけ出す。それが総合診療医・徳重晃である!
19番目のカルテ 徳重晃の問診 3巻
「家で一人」の今だからこそ、陥りやすい「病い」とは? 人手も、機材も限られた夜勤帯で、医者が最大限力を発揮するための「仕事」の考え方とは? その人に取っての最善の医療を見つけ出すため、総合診療医・徳重晃は、患者とも、医者とも深く「対話」する!
19番目のカルテ 徳重晃の問診 4巻
感染症が治った後に起こる、体の疲れやだるさ――思わぬ身体の変化の正体は?子どもの見慣れない肌の不調…親も気づけなかった「アレルギー」の原因とは?あなたの身体や生活に影響を及ぼす「原因」を、正しく見つけ出す。外科や内科、18の専門科だけでは治せない、患者という「人間そのもの」を診る、総合診療医・徳重晃の真価が発揮される第4巻!
また読みたい
フォロー