icon_reread
また読みたい
フォロー
最愛の男に銃口を【マイクロ】(1)
ムカつくのに… この男に、抗えない…っ!! 海里は落ちぶれた舞台俳優。仕事が欲しくて、男にも奉仕するように。この日の相手は、妙に迫力のある男・響。響はヤクザで、海里の心も身体も、いとも簡単に征服して…!?
最愛の男に銃口を【マイクロ】(2)
わかってるのに、触れて欲しい…!! 海里は、ヤクザの響にカラダを売り、見返りに仕事を貰う。一夜の出来事だったのに、ずっと心から離れなくて…。久しぶりに響に呼び出された海里。またも響に心かき乱されて…!!
最愛の男に銃口を【マイクロ】(3)
触れられるだけで、オレは幸せだ…!! 俳優の海里は、ヤクザの響にカラダを売って仕事をもらう。謎めいた響に海里は心奪われたけど、響は海里をオモチャ扱いで…。ある日、ヤクザ抗争のニュースを見た海里は…?
最愛の男に銃口を【マイクロ】(4)
痛ぇのに、キモチいい…!! 俳優の海里は、仕事のためにヤクザの響にカラダを売ったことがきっかけで、響に夢中に。響にとってオモチャでいいから、そばにいたい。そんなある日、別の組の若頭に拉致された海里は…!?
最愛の男に銃口を【マイクロ】(5)
酷くされても… 響さんが、好きだ…!! 仕事のために響にカラダを売った海里は、いつしか響の虜に…。心配する海里をよそに、ヤクザの世界から冷たくシャットアウトする響… やっぱり、住む世界が違うのかよ…!?
最愛の男に銃口を【マイクロ】(6)
ずっとそばにいたい…!! 舞台俳優・海里が愛する男は、ヤクザの響。海里をおもちゃ扱いする響が時折見せる優しさに、海里は溺れていって…。初めて彼と朝まで過ごした海里。なのに、響に特別な女性がいると知り!?