icon_reread
また読みたい
フォロー
よくわからないけれど異世界に転生していたようです(1)
「私、おっさんだった!!」孤児の少女・レンは身売りされる途中で、前世の記憶を取り戻す。レンの前世は、三十代の男性研究者だったが、転生して今まで孤児として生きていたのであった。レンは、その身に秘められた魔法の才能と、前世の科学的知識を駆使して、ひとり過酷な異世界を生き抜いていく。
よくわからないけれど異世界に転生していたようです(3)【電子限定描きおろしペーパー付き】
サバイバル生活をしていた森を出て、街へと向かうレン。道中、そして辿り着いた街では、様々な出会いが待っていた。だけどレンは、ギルドや宿屋でもチートスキルを発動してしまい、図らずも注目を集めることに…!? スローライフ転生ファンタジー、第3巻!
よくわからないけれど異世界に転生していたようです(4)【電子限定描きおろしペーパー付き】
サバイバル生活をしていた森を出て、街へと向かうレン。道中、そして辿り着いた街では、様々な出会いが待っていた。だけどレンは、ギルドや宿屋でもチートスキルを発動してしまい、図らずも注目を集めることに…!? スローライフ転生ファンタジー、第3巻!
よくわからないけれど異世界に転生していたようです(5)【電子限定描きおろしペーパー付き】
レンは浜辺の村で、魚介の買い付けと気分転換を済まし、ハルーラへ戻ることにした。だけどその帰路で、オーガロードが率いる群れと、街の討伐隊との戦いに出くわしてしまう。もめごとからは距離を置きたいレンだが、街の人たちを守るため、そしてフェンリルのノルンのためにも、重い腰を上げる。レンはそのチート能力を駆使して、オーガロードを倒せるのか!? スローライフ転生ファンタジー、第5巻!