あらすじ

関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康は、天下取りに向けて早急に布石を打ち始め、功が奏する。やがて徳川家も代が変わり、家光が台頭し始めるのだが、それと同時に柳生家を暗い影が覆う出来事が起こる。柳生宗矩の長男・十兵衛三巌が自らの目を抉り、友矩は自刃して果てたのだ。宗矩は家光を前に、自らの子の不幸が将軍家のある愚行による結果であると糾弾するのだが…!!激動の時代を生きた宗矩の生涯、ここに完結。