ヒロインは絶望しました。 1巻
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。 悪くない毎日は、血と屈辱に侵された。女子高生・渋谷明は、ある日突然、仮想世界に転送された。なすすべもなく、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。死は耐えがたいほど痛いのに、死ぬたび渋谷は現実に戻る。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望──。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪は、渋谷の命と引き換えに、さらなる恥辱を要求した。これは少女の、尊厳をかけた戦いだ。
ヒロインは絶望しました。 2巻
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。 ドSの女vs.イキリオタク。女子高生たちは、きらきらのドレスに変身して、メルヘンな仮想世界で、ぐっちゃぐちゃに殺し合う。女子高生・渋谷明は、自分の命運を握るクラスメイトの秋葉歪に弄ばれ、恥辱に震えながら、この最悪なゲームに耐えていた。再び転送された仮想世界で出会った敵の名は、足立妃。他人をいたぶって快楽を得る、嗜虐の女。秋葉と足立の狭間で、それでも正義を求める渋谷に、容赦なく降り注く痛みと羞恥、そして絶望──。この屈辱に、終わりはあるのか。「もう…痛いのは、いや……」。
ヒロインは絶望しました。 3巻
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。 誰も彼もが死んでいく。ある日突然、仮想世界での殺し合いゲームに巻き込まれた女子高生・渋谷明。パートナーの最低男・秋葉歪に、精神的にも肉体的にも苦しめられつつも、なんとか超ドS少女・足立妃との勝負に勝利する。その足立と、さらには協力者の港兄妹とともに挑むことになった“レイドバトル”。敵は、強力かつ狂暴かつ残虐なケモノ。ドレスを爪で裂かれ、肌を酸で焼かれ、無惨に四肢を奪われ、生命をもてあそばれる。血まみれの地獄に、光は差すか──。
ヒロインは絶望しました。(4)
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。想像を超える、屈辱と恥辱。ドレスアップして殺し合う仮想世界のゲームに巻き込まれた女子高生・渋谷明。パートナーの最低男・秋葉歪、ドSの高レベル少女・足立妃、善良な兄妹プレイヤー・港勇と港優などと協力し、苦しみながらも死地を越えてきた。その渋谷を次に襲うのは、“Sランクマッチ”。対人戦で当たったのは、史上最低のクズ野郎。味方さえも奴隷として扱う少年が要求したのは、死よりも屈辱的な凌辱だった──。人間か、犬か。なけなしの自尊心が打ち砕かれる。
ヒロインは絶望しました。(5)
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。誰も彼もが死んでいく。ある日突然、仮想世界での殺し合いゲームに巻き込まれた女子高生・渋谷明。パートナーの最低男・秋葉歪に、精神的にも肉体的にも苦しめられつつも、なんとか超ドS少女・足立妃との勝負に勝利する。その足立と、さらには協力者の港兄妹とともに挑むことになった“レイドバトル”。敵は、強力かつ狂暴かつ残虐なケモノ。ドレスを爪で裂かれ、肌を酸で焼かれ、無惨に四肢を奪われ、生命をもてあそばれる。血まみれの地獄に、光は差すか──。
ヒロインは絶望しました。(6)
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。惨めだね。かわいそうだね。マジうけるw。かわいいドレスで殺し合う仮想世界に、突如転送された女子校生・渋谷明。渋谷を辱めようとしたパートナーの秋葉歪は、足立妃の制裁によって、心を折られ奴隷となった。内部に深い亀裂を抱えたまま、刻一刻とゲームクリアに近づいていくチーム。しかし、水面下で秋葉の狡猾な復讐計画は進んでいた。過去を探り、罠を仕掛け、静かにその時を待つ。直視を許さぬほど陰惨で残虐な復讐がはじまる──。「犬でもしないよ、そんな恰好w」。
ヒロインは絶望しました。(7)
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。渋谷明は、今もなお、殺し合いの中にいる。渋谷を襲おうとして足立に返り討ちにされた秋葉はついに計画していた復讐を実行する。周到に張り巡らされた糸は、あらゆる抵抗を無力化した。顔、腹、身体中。執拗に繰り返される殴打。一糸まとわぬ姿を街中で晒される恥辱。どれだけ許しを乞うても、許されない。無限にも思える痛みの果て、足立は、壊れた。完全勝利に高笑いを上げる秋葉の横で、渋谷はそれを──その地獄を、見続けた。血と涙の中、少女の心にある感情が芽吹く。激しすぎるその炎に付けるべき名を、彼女はまだ知らない。
ヒロインは絶望しました。 8巻
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。秋葉に隷属するふりをして、渋谷は復讐を誓った。“どんな手を使っても、どんな恩があったとしても、自分たちを貶めたこの男を、命がけで陥れる――。“ 不退転の決意を胸に、渋谷たちはSSランクマッチに参戦する。15ペアずつに分かれてのバトルロイヤル・デスマッチ。信頼と絆を武器にする敵チームに対し、秋葉は恐怖と脅迫でチームを統率する。残虐さを増していくゲームを意に介さず、味方すら欺き、渋谷は鋼の意思で秋葉の隙をうかがい続ける。張りつけた笑顔の下の本音は、揺るぎない嫌悪。「ああ本当に――気持ち悪いなあ」。
ヒロインは絶望しました。 9巻
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。この瞬間を、どれほど待ち焦がれたことか。地獄の日々からの解放を賭けたSSランクマッチ。ゲーム性を崩壊させる「宝玉」によって主従は逆転し、ついに渋谷は秋葉への“復讐”を実行する。必死の懇願もむなしく、容赦なく繰り広げられる制裁。殴り、刺し、潰し、絶え間なく上がる悲鳴を気にも留めず、渋谷はその手を真っ赤に染めていく。彼女が突き立てた剣は、深く、深く、秋葉の体に沈み込み、――――そして。SSランクマッチは終わりを迎え、“最後”の戦いがはじまる。復讐心に塗れた少年と少女の行きつく先は――。
ヒロインは絶望しました。 10巻
『異常者の愛』千田大輔最新作! 服従か、死か。ある日突然、仮想世界に転送された女子高生・渋谷明は、化け物たちに喰われ嬲られ殺される。繰り返す死、狂いそうになる痛み、終わらない絶望――。転送先の世界の秘密を知る少年・秋葉歪が要求したのは、命と尊厳を引き換えにした恥辱の日々だった……。最後に絶望するのは誰だ。勝者の願いを叶えるラストマッチ。それぞれの想いを抱えた少年少女は、最後の戦いに身を投じ、激しくぶつかり合う。一人また一人と離脱していく中、再び相見える渋谷と秋葉。理不尽な強さを手にした秋葉の猛攻が、瞬く間に渋谷を追いつめていく。惨劇と恥辱に塗れた戦いの果て、二人に待ち受ける結末は――。
また読みたい
フォロー