icon_reread
また読みたい
フォロー
そんな甘い声出されたら、俺…ッ~妄想女子と年下溺愛リーゼント(1)
「その声、もっと聞かせてほしい…」OLのなほは、大好きなコンビニスイーツを買いに来た帰り、コンビニ前でヤンキー男子たちに絡まれてしまう…! そんな危機を助けてくれたのは――またヤンキー!? しかも古風なリーゼント!? 彼らの仲裁に入ろうと怪我をしてしまったなほを抱きかかえ、リーゼント男子・瑛司が向かった先は彼の自宅だという純喫茶。話せばなほと同じスイーツ好きで…リーゼントで…自分のスタイルを貫き通す――男らしさと可愛さのある彼にときめきを覚えたら、身体がビンカンになって…!? 「あッ…ん」「アンタがそんな声出すから、抑えられなくなったんだ…!」――リーゼント男子の鋭い視線がなほをトロけさせる…!
そんな甘い声出されたら、俺…ッ~妄想女子と年下溺愛リーゼント(2)
「その声、もっと聞かせてほしい…」OLのなほは、大好きなコンビニスイーツを買いに来た帰り、コンビニ前でヤンキー男子たちに絡まれてしまう…! そんな危機を助けてくれたのは――またヤンキー!? しかも古風なリーゼント!? 彼らの仲裁に入ろうと怪我をしてしまったなほを抱きかかえ、リーゼント男子・瑛司が向かった先は彼の自宅だという純喫茶。話せばなほと同じスイーツ好きで…リーゼントで…自分のスタイルを貫き通す――男らしさと可愛さのある彼にときめきを覚えたら、身体がビンカンになって…!? 「あッ…ん」「アンタがそんな声出すから、抑えられなくなったんだ…!」――リーゼント男子の鋭い視線がなほをトロけさせる…!
そんな甘い声出されたら、俺…ッ~妄想女子と年下溺愛リーゼント(3)
「その声、もっと聞かせてほしい…」OLのなほは、大好きなコンビニスイーツを買いに来た帰り、コンビニ前でヤンキー男子たちに絡まれてしまう…! そんな危機を助けてくれたのは――またヤンキー!? しかも古風なリーゼント!? 彼らの仲裁に入ろうと怪我をしてしまったなほを抱きかかえ、リーゼント男子・瑛司が向かった先は彼の自宅だという純喫茶。話せばなほと同じスイーツ好きで…リーゼントで…自分のスタイルを貫き通す――男らしさと可愛さのある彼にときめきを覚えたら、身体がビンカンになって…!? 「あッ…ん」「アンタがそんな声出すから、抑えられなくなったんだ…!」――リーゼント男子の鋭い視線がなほをトロけさせる…!
そんな甘い声出されたら、俺…ッ~妄想女子と年下溺愛リーゼント(4)
「その声、もっと聞かせてほしい…」OLのなほは、大好きなコンビニスイーツを買いに来た帰り、コンビニ前でヤンキー男子たちに絡まれてしまう…! そんな危機を助けてくれたのは――またヤンキー!? しかも古風なリーゼント!? 彼らの仲裁に入ろうと怪我をしてしまったなほを抱きかかえ、リーゼント男子・瑛司が向かった先は彼の自宅だという純喫茶。話せばなほと同じスイーツ好きで…リーゼントで…自分のスタイルを貫き通す――男らしさと可愛さのある彼にときめきを覚えたら、身体がビンカンになって…!? 「あッ…ん」「アンタがそんな声出すから、抑えられなくなったんだ…!」――リーゼント男子の鋭い視線がなほをトロけさせる…!
そんな甘い声出されたら、俺…ッ~妄想女子と年下溺愛リーゼント(5)
「その声、もっと聞かせてほしい…」OLのなほは、大好きなコンビニスイーツを買いに来た帰り、コンビニ前でヤンキー男子たちに絡まれてしまう…! そんな危機を助けてくれたのは――またヤンキー!? しかも古風なリーゼント!? 彼らの仲裁に入ろうと怪我をしてしまったなほを抱きかかえ、リーゼント男子・瑛司が向かった先は彼の自宅だという純喫茶。話せばなほと同じスイーツ好きで…リーゼントで…自分のスタイルを貫き通す――男らしさと可愛さのある彼にときめきを覚えたら、身体がビンカンになって…!? 「あッ…ん」「アンタがそんな声出すから、抑えられなくなったんだ…!」――リーゼント男子の鋭い視線がなほをトロけさせる…!
そんな甘い声出されたら、俺…ッ~妄想女子と年下溺愛リーゼント(6)
「その声、もっと聞かせてほしい…」OLのなほは、大好きなコンビニスイーツを買いに来た帰り、コンビニ前でヤンキー男子たちに絡まれてしまう…! そんな危機を助けてくれたのは――またヤンキー!? しかも古風なリーゼント!? 彼らの仲裁に入ろうと怪我をしてしまったなほを抱きかかえ、リーゼント男子・瑛司が向かった先は彼の自宅だという純喫茶。話せばなほと同じスイーツ好きで…リーゼントで…自分のスタイルを貫き通す――男らしさと可愛さのある彼にときめきを覚えたら、身体がビンカンになって…!? 「あッ…ん」「アンタがそんな声出すから、抑えられなくなったんだ…!」――リーゼント男子の鋭い視線がなほをトロけさせる…!
そんな甘い声出されたら、俺…ッ~妄想女子と年下溺愛リーゼント(7)
「その声、もっと聞かせてほしい…」OLのなほは、大好きなコンビニスイーツを買いに来た帰り、コンビニ前でヤンキー男子たちに絡まれてしまう…! そんな危機を助けてくれたのは――またヤンキー!? しかも古風なリーゼント!? 彼らの仲裁に入ろうと怪我をしてしまったなほを抱きかかえ、リーゼント男子・瑛司が向かった先は彼の自宅だという純喫茶。話せばなほと同じスイーツ好きで…リーゼントで…自分のスタイルを貫き通す――男らしさと可愛さのある彼にときめきを覚えたら、身体がビンカンになって…!? 「あッ…ん」「アンタがそんな声出すから、抑えられなくなったんだ…!」――リーゼント男子の鋭い視線がなほをトロけさせる…!