あらすじ

西王院澪次は白塔学園中等部の天才バイオリニスト。だが、問題行動の多い澪次にコンクールの優勝歴はない。専属教官となった羽根蜜子は澪次の欠点を指摘し、彼の心を開かせようと努力する。ジャパンコンクールの優勝は逃したものの、澪次には人生の目標ができ、2人は信頼で結ばれた。4月、白塔に優秀な編入生がやって来た。彼の名は剣崎葵。プロのピアニストの地位を捨てて、バイオリンの世界に飛び込んできた葵は蜜子の担当になり――――――!? 魂に響く、灼熱のヒューマン・シンフォニー!!