また読みたい
フォロー
「風邪薬でも死ねる?」「何メートルなら転落死?」…。人はどこまでが限界なのか、「人体のデッドライン」に迫る新感覚ストーリー! 「死」の百科事典と言われる生田准教授の研究室は、学生たちから別名「デスペディア研究室」と呼ばれている。婚約破棄により、失意のどん底にいたみゆきは、バーで知り合った男性の研究室にパートでつとめることに。そこは、身の回りにあふれる「死」を研究する法医学者・生田の研究室だった。怪しげで風変りな彼に、みゆきは当初は反発を覚えるも、やがて惹かれていくようになって…?
「一気飲みは死へ一気?」「出血量の上限は?」…。人はどこまでが限界なのか、「人体のデッドライン」に迫る新感覚ストーリー! 「死」の百科事典と言われる法医学者・生田准教授の研究室は、学生たちから別名「デスペディア研究室」と呼ばれている。助手のみゆきは、そんな風変わりな生田のことを好きになっていく…が、彼女のことをこころ良く思わない女性徒によって、密閉された部屋に閉じ込められてしまう…。「その死は美しくない!」が口ぐせの生田准教授が大人気! 新感覚ストーリー、待望の第2巻!