また読みたい
フォロー
将軍家や大名直参たちも見守る中、八丁河岸で行われた拝一刀(おがみいっとう)と柳生烈堂との果たし合い。壮絶な血戦は相討ちに終わり、人々は父の前に立ちつくす幼子・大五郎に哀れを感じながらも、誰ひとり遺体を葬ろうともせず去っていく。やがて、暗闇の中で力尽きて倒れた大五郎の前に、ひとりの武士が通りかかり…。父の屍体の側に立ちつくしていた大五郎が示現流始祖・東郷重位と出会い、再び歩き始めた――時代劇画史に残る名作『子連れ狼』新シリーズ!!
将軍家の一女・綾姫を島津に輿入れさせ、その直後に死なせれば薩摩潰しの口実となると考えた伊豆守。相手が縁談を断ればどうすると尋ねる将軍に対し、伊豆守は「島津には断れぬ理由がござる」と告げ、さらに「その理由を東郷重位が薩摩に運んでいる」と言上する。かかる謀計に気付かぬまま、旅を続ける重位と大五郎であったが…。
薩摩を奪おうとしていた伊豆守が急死した。だが、これは味方を欺くための謀略で、仮死の薬を飲んでいた伊豆守は夜になって忽然と目を覚ます。薩摩藩主・島津光久に変装するため、抜歯をして、顔を焼いてまで己の目的を果たそうとする「死老中」の壮絶なる執念。そのころ重位と大五郎は、急を聞いて繰り出してきた薩摩の軍船上で光久に目通りしていたが…。
幼い大五郎を危険な旅路に連れ歩くことに躊躇した重位は、自らの師である天寧寺の大僧正に大五郎を預けようとする。一方、薩摩藩主・島津光久を謀殺し、光久になりすまして薩摩に入った伊豆守は、唯一その素性を知る笑左衛門(林蔵)と、互いの労苦をいたわり合っていた。そして、伊豆守は鯨の腹に入り「おろしや」人となって…。
時化で沈んだ軍船から、なんとか陸地に流れ着いた「牛久呑起」西の差配・牛久典膳とオロシヤ人の女配下・ニナ。この地が勇武をもって聞こえ高い掛川藩と知った典膳は、城門で藩主の目通りを願うが、裸形の上、何らの証も持たないふたりを家臣は当然疑ってかかる。そこで、ニナは生命と引き換えに典膳の証明立てをしようと、自らの舌を噛みきってしまい…。
東郷重位と大五郎は、老中・松平伊豆守が狙う薩摩藩乗っ取りの陰謀の大過に巻き込まれた。刺客・牛久典膳を倒すも、伊豆守配下の間宮林蔵は追撃の手を緩めることは無かった。ついに二人の前に姿を現した林蔵…。砂嵐と流砂の中で血戦が開始される。重位の鍛錬を耐え抜いた大五郎の、決死の一撃が林蔵に放たれる!
東郷重位と大五郎は、老中・松平伊豆守が狙う薩摩藩断絶の陰謀に巻き込まれ、伊豆守配下の間宮林蔵と激突。闘いに敗れた林蔵は逃走、将軍家籠絡のため江戸城に入る。林蔵が操る「おろしや呑起」、彼らに疑いの目を向ける将軍側近の武装集団・黒鍬者――。その頃、大五郎と重位は、不思議な能力を持つ「おろしや」の少女ミラと出会い、林蔵出生の秘密を知る。
大五郎と重位の前に再び現れた宿敵・林蔵!父母の仇である林蔵を狙うミラ、これを助ける渡世人・大前田栄五郎たちを巻き込んで、復讐を誓った闘いが勃発!大五郎らをかばったミラが被弾、重位の憤怒の剣が炸裂する。そして、将軍側近にして杖術の達人・探湯縋との対決――死闘の果て、屍累々たる戦場で、大五郎と重位は“父子”の絆をより強くするのだった…。
林蔵との死闘の果て、名刀「同太貫」を失った重位は、新たな刀「延寿国清」と出会う。江戸入りした大五郎と重位は決戦に向け、大五郎の鍛錬も激しさを増していた。一方、配下のほとんどを失った林蔵は、伊豆守に救済の念を送る。察した伊豆守は、薩摩屈指の歴戦の猛者たち“薩摩大人衆”からタイ捨流の使い手・丸目風虚と空岩の兄弟の存在を知る。“打倒・重位”の新たな剣客を求め、大人衆たちと林蔵配下の檀が動き出す――!!
大五郎と重位は江戸城決戦に向け、刀匠・黒山祐信の打つ“幻の黒刀”を求めて秩父へ。大五郎に示現流の極意を伝える重位――剣の修行は日々、壮絶を極めていた。一方、伊豆守配下の薩摩大人衆、林蔵配下の檀は、重位抹殺の新たな刺客・タイ捨流の丸目兄弟を探して京へ。江戸の林蔵のもとへ二人を送るべく、大人衆たちは彼らの秘剣を試さんと命を賭す。しかし、檀によって丸目兄弟の意外な正体が明らかに!!