icon_reread
また読みたい
フォロー
食キング(1)
つぶれかけた食堂・料理店の料理人を徹底的に鍛え直し、繁盛店へと再建させる伝説の料理人・北方歳三(きたかた・としぞう)の活躍を描いた熱血人情グルメコミック!はやっていないレストラン・ミツバチの主人の息子・翔一(しょういち)から、涙ながらに「店を助けて下さい」と頼まれた北方は、主人を修業として意外なところに連れて行き……!?
食キング(2)
餃子が名物の街から感謝状を贈られた「味楽園」の餃子を酷評する、B級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)。そして「味楽園」へやってきた北方は、この店に復活の要素がないと判断するが、孫・健太(けんた)の一言に目覚めた店主・木谷(きたに)に頼まれ、再建を引き受ける。木谷は修業として、なぜかホテルのベルボーイをすることになり……!?
食キング(3)
希望退職をして、念願の立ち食いうどん屋を開店した野崎(のざき)は、店の経営に失敗して、妻にも去られて絶望していた。B級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)に、好きなうどんを極めて死にたいと話した野崎は、山奥のうどん屋に連れていかれ、そのうどんの美味さに感動する。そして野崎は、修業としてゲームセンターに……!?
食キング(4)
廃線となる鉄道の駅弁を作る本丸食堂を再建することになった、B級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)。高いところが嫌いな料理人の剛太(ごうた)は、北方によって山頂からのパラグライダーをやらされ、新しい城跡弁当「本丸弁当」を作り出す。しかし剛太は、廃線のセレモニーで最終列車が、本丸弁当を売る駅には来ないことを知って……!?
食キング(5)
落語家くずれの一発屋タレント・海遊亭いわしが営むハンバーグ店「いわし亭」を再建していた、B級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)。北方により料理人の心を知ったいわしだったが、資金がないことで閉店を決意する。そこで北方は、安価な鰯で作る新しいハンバーグで新装開店させるが、材料を運んでいたトラックが渋滞に巻き込まれて……!?
食キング(6)
B級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)に、「チャンポン出島屋」の再建をお願いした亜希(あき)とピーター。ラーメンで新たに再建を目指すふたりに、北方はサーカス団員の昼食用ラーメンを作らせるが、団員達はマズイと言って吐きだしてしまう。それは亜希とピーターが信頼し合っていないからだと話す北方は、ふたりにナイフ投げの芸をやらせて……!?
食キング(7)
県庁で働く本田(ほんだ)は、思い出深いお好み焼き屋「鉄吾郎」を潰したくない一心で手伝いに駆けつける。しかし店主の娘・マコがいない時に客が来て、本田がマコの書き置きを頼りに作ろうとするが失敗してしまう。そこへ近所のタコ焼き屋を再建していたB級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)が、粉を分けてもらいにやってくるのだが……!?
食キング(8)
カレーハウスを閉店した山崎(やまざき)は、料理人としての再出発をかけて横浜五稜郭亭の採用試験を受けるが、そこの総料理長・芹沢(せりざわ)にプライドを打ち砕かれてしまう。そして自殺を考えた山崎は、たまたま食べたカレーがきっかけで、B級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)と知り合う。そこで横浜五稜郭亭の悪評を聞いた北方は……!?
食キング(9)
暴君の総料理長・芹沢(せりざわ)が仕切る横浜五稜郭亭に乗り込んだ、B級グルメ店復活請負人・北方歳三(きたかた・としぞう)。そこで人望を集めた北方は、厨房の料理人達と反乱を起こして、芹沢を失墜させる。そして、チャンスを下さいと涙を流す芹沢と和解した北方は、横浜の名士達に総力をあげて作った料理を出すのだが……!?
食キング(10)
伝説の料理人・北方歳三(きたかた・としぞう)は、独善的な天才シェフ・沖田(おきた)がいる神戸五稜郭亭の将来に危機感を抱く。そして沖田に真の料理人の心を教えようと、料理勝負をした北方だったが敗北してしまう。自信をなくした北方は舶来亭で働き、沖田の父によって慢心していた自分に気づく。見事に立ち直った北方は、サミット会場を決めるための料理勝負で、再び沖田と対決を……!?