ぼくたちのリメイク 1巻
しがないゲームディレクター・橋場恭也28歳。なんとか支えてきた会社はついに倒産、ゲーム作りに憧れながらも人生を後悔していると、何故か10年前…2006年の自分に戻っていた!? 恭也は憧れのトップクリエイターの出身芸大に進み、今度こそクリエイターへの道を目指すが…。
ぼくたちのリメイク 2巻
監督、技術、出演、製作をチームで分担して映像作品を作る総合実習の課題が始まった。テーマに悩んだり、河瀬川に宣戦布告されたり…。課題に向き合う、恭也たち「チームきたやま」。しかし、2016年…10年後の恭也の記憶のかけらが2006年に意外なさざ波を起こそうとしていた。
ぼくたちのリメイク(3)
チームで力を合わせ、いよいよ課題の映像撮影実習の実習にこぎつけた恭也たち。しかし、予期せぬアクシデントのため、撮影の開始すら危ぶまれるピンチに陥ってしまう。シノアキ、ナナコ、そして貫之。誰もが撮影をあきらめかけたとき、恭也が叫ぶーー「ぜってぇなんとかするっ!」
ぼくたちのリメイク(4)
恭也の熱意で、ナナコは再び歌に向き合う。学園祭のメイド喫茶に参加させられながら練習に打ち込むナナコ。やがてその心は恭也に…。しかしナナコはいまだ自分の歌に不安を感じていた。そんな学園祭の最終日、突然のアクシデントが! これはピンチ!? それとも才能の誕生の瞬間!?
ぼくたちのリメイク 5巻
突然明らかになった貫之 退学のピンチ。実家とは断絶状態。これまで無茶なバイトで芸大の学費を賄ってきたが、限界がきてしまったのだ。貫之の才能を消したくない、その一心で立てた恭也の計画。それはシノアキ、ナナコ、そして貫之の才能を結集して同人ゲームを作ること! そのジャンルとはーー!?
ぼくたちのリメイク 6巻
タイムリミットは貫之の退学決定まで。貫之の学費を稼ぐための同人ゲーム制作だったがそのリアルな納期は思いのほか厳しいものだった。理想と妥協の狭間で進行していく恭也。そして迎えた同人ゲーム完成の日――。恭也、そして貫之の胸に去来する想いは…
ぼくたちのリメイク 7巻
タイムリミットは貫之の退学決定まで。貫之の学費を稼ぐための同人ゲーム制作だったがそのリアルな納期は思いのほか厳しいものだった。理想と妥協の狭間で進行していく恭也。そして迎えた同人ゲーム完成の日――。恭也、そして貫之の胸に去来する想いは…