icon_reread
また読みたい
フォロー
むこうぶち(1)
“むこうぶち”―――それは、一匹狼の真のギャンブラーを意味している。新宿、赤坂、六本木――、東京深奥部のマンションや雀荘に、高レートの場が乱立した1980年代。そこに、冷酷非情な伝説の強者・傀がいた!今日もまたギャンブルに狂った男たちが全てを失い、消えていく――。
むこうぶち(2)
“人鬼(ひとおに)”と書いて“傀(カイ)”と読む――バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者・傀がいた!高レートに出没する謎の男たち、水戸グループ。狙われた店は客を荒らされ、警察にガサ入れを喰らう。非合法ゆえに守る手段を持たない店主が、最後に頼った男とは――!?
むこうぶち(3)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。アングラカジノの女ディーラー・巫藍子(かんなぎあいこ)。それが、まるで必然であるかのように、人の魂を喰らう人鬼・傀と出会う。ギャンブルに疲れた老馬券師、金でタイトルを買った若手プロ、野望に燃える不動産屋――。傀と邂逅する人々の運命は――!?
むこうぶち(4)
バブルとよばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。にこやかな仮面の下に卑劣な本性を隠し持つ会社員。賭場の付け馬の中年ヤクザ。日々金策に追われる町工場経営者。そして、野心多きスカウト見習い……。儚い夢を抱きやって来た高レートの場で、人鬼・傀と遭遇する人々の運命は――!?
むこうぶち(5)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。銀座で一本立ちを目指す野心多きスカウト見習い。麻雀で勝っては負け客に金を貸し付けるトイチの高利貸し。そしてプロ野球界のルーキーとベテラン投手……。高レートの場にて人鬼・傀の流れに巻き込まれていく人々の運命は――!?
むこうぶち(6)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。プロ野球界のルーキーとベテラン投手。赤有り麻雀を得意とする裏プロ。女を騙しガン牌麻雀で遊ぶ金を稼ぐ生臭坊主。そしてコンビ打ちの接待麻雀で散財させ土地を干し上げる不動産屋……。高レートの場にて人鬼・傀に翻弄されていく人々の運命は――!?
むこうぶち(7)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。コンビ打ち麻雀で土地を干し上げる不動産屋。完先麻雀を得意とする現役力士。出稼ぎのフィリピン女性から金を搾り取る元麻雀プロ。東京デビューの青年。跡取り問題で確執のある京菓子屋の爺と孫……。人生の分かれ道にて人鬼・傀の裁定を受ける人々の運命は――!?
むこうぶち(8)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。跡取り問題で確執のある京菓子屋の爺と孫。表の麻雀で悲願のタイトル初制覇を目指すベテランプロと勢いのある若手プロ。半年前の拘置期間中に傀の打ち筋を研究し復讐に燃える赤使いの裏プロ……。逢魔ヶ辻の峠道にて人鬼・傀と対峙する人々の運命は―――!?
むこうぶち(9)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。傀の打ち筋を研究し復讐に燃える裏プロ。金と暇を持て余した資産家の未亡人。独自の読みで相手を手玉に取るボクサー。漁師が手にした漁業補償の総取りを企み、さびれた港町にやって来た雇われプロ……。欲望渦巻く鉄火場にて人鬼・傀とめぐり合う人々の運命は――!?
むこうぶち(10)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。漁業補償の総取りを企み、さびれた港町にやってきた雇われプロ。2人の男から求婚され、揺れる雀荘の女主人。プライドの高いデジタルな若手プロ。使い込んだ金を麻雀で取り返そうと目論む取り立て屋……。ほんの一瞬の欲を出したがために人鬼・傀と出遭ってしまった人々の運命は――!?