“文学少女”と死にたがりの道化

竹岡美穂