面白かったです。即興で花をいける華道部の大会があるのはニュースで見て知っていましたが、漫画で読めるなんてワクワクしますね。ポスト・あさひなぐになるのではと気が早いですが期待してしまいます。楽しみです。

この漫画って顧問の先生が完全にモブなんだけど、今回はモブながらいい味出しててよかった

アイドルみたいに着飾って生けてるのもパフォーマンスの一環だよね。会場も盛り上がるし。

でも先輩がいなくなったからって競技ができないくらいメンタルに影響があるなんて大丈夫か…?

作画が時々荒れる以外は普通に面白い作品だっただけに
先輩退部から急転まとめに入って終わってしまうの残念だわ

高校華道部の青春物語!【最新話の感想】にコメントする
ハナイケル -川北高校華道部-
折れた枝でも咲く場所がある #1巻応援
ハナイケル -川北高校華道部- 山田はまち
兎来栄寿
兎来栄寿
マーチングバンドの次は、華道! 『みかづきマーチ』の山田はまちさんの待望の新作です。 プロットとしては非常に王道中の王道を行っていますが、それで面白いのが流石です。山田はまちさんの青春ものは、安定して良いですね。 華道をメインテーマとして扱う作品は多くなく、知らない世界である人も多い作品でしょう。私もそこまで詳しいわけではないので、本作で解説される内容は興味深く読んでいます。 「即興花生け」という競技のルールもシンプルかつ面白く、またその頂点である花の甲子園を目指すという目標も非常にわかりやすく、素人であるヒロイン・もみじの目線に沿って物語に容易く乗っていけます。 そして、本作の何よりの美点は、画面で華道の素晴らしい魅力を伝えてくれていることです。『みかづきマーチ』の演奏シーンで見せてくれたような表現力を以て、美しく意趣溢れる花々を生ける姿を描いています。作業中も、完成図も、等しく惹きつけられます。白黒なのに、カラーだと錯覚するような鮮やかさです。 一見使えそうにないものや傷ついたものでも、上手く用いることで素晴らしい作品になる様子は、人間の様態にも当てはまるメタファーのよう。もみじの挫折から始まり、華道という新しい道を見つけて再起していく物語ですが、多くの人に強い共感を呼びそうです。 伸び代のあるもみじのこれからの成長を想うと、ワクワクせずにはいられません。周囲のキャラクターたちも魅力的で、その関係性でも見せ場をたくさん作ってくれそうです。 広くお薦めしたい、秀作です。
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい