主人公・西連寺くんの家庭事情は複雑みたいですが、彼が三姉妹(主にかほちゃん)との交流を通じて成長するのを見守りたいです

下水がないからシャンプー・歯磨き粉はNGなのか!
でも山登りしてクタクタで温泉入れるだけでも嬉しいよね

香さんもカッコつけたかったのね…!
そういうとこかほちゃんと似てるかもね
また仲良しになってよかった!!

沢子お姉ちゃん、稜ちゃん、川野、意外な組み合わせだけど楽しそうだった。かほちゃんと西園寺くんはいつも通りな感じでほっこりした。

やまさん~山小屋三姉妹~

峻険で辺鄙。けど、壮麗で霊妙。 #1巻応援

やまさん~山小屋三姉妹~ 坂盛
兎来栄寿
兎来栄寿

山の上に登り、雲海の上に昇る朝日を見るのが大好きです。 草木も眠る丑三つ時に目を覚まして、身を切るような冷気を頬に感じながら一切の光がない暗黒の山道を登る。登る。登る。息も絶え絶えになりながらも、徐々に白んでいく世界を感じつつ頂上に辿り着く。興奮で疲れを忘れた体を少し休めながら、紫がかる大好きな色の空の移ろいを眺める。清澄な空気は一呼吸ごとに自分を再生させてくれるようで。暫くして山の向こうから一際眩いご来光が立ち昇る。照らされる霧のかかった山々と、どこまでも美しく広がる空は現世とは思えないように霊妙で、思わずただありゆるものへの感謝が湧いてくる。 そんな瞬間を、こよなく愛しています。そして、この『やまさん~山小屋三姉妹~』は、そんな瞬間の素晴らしさを疑似体験させてくれる作品です。 私が主に登る山はまだギリギリ電波も届き、ある程度までは車も走れますが、この作品の舞台となる徳盛連峰の「雲海小屋」はもっと僻地にあり、電波も電気も通っておらずスマホも使えなければ、車では登れず人の足でないと辿り着けない場所。 そんな所とは知らずに、クラスメイトにプリントを届けようとして迷い込み滑落してしまった無謀な少年と、山小屋を運営する三姉妹の物語です。 山はただ美しいばかりではなく人の命を容易く奪う危険な場所であることを大前提に、それでもなお余りある山と山小屋での暮らしぶりの魅力をディティール豊かに描いて行きます。 まず何と言っても山の景色の絵が美しく、上で述べたような雲海とご来光のシーンなどは最高です。なるべく大きな画面で見ていただくと、よりその美しさや迫力が伝わることでしょう。雄大な景色を目の当たりにする主人公に、400%シンクロします。 山小屋も設備は古く、虫や獣などの対策やトイレなど不便も多く、歩いて運んでこないと物資も何もなく管理の大変さも伝わってきますが、それでも魅力的な露天風呂の存在だったり、山小屋ならではの濃密なコミュニケーションの楽しさだったりが描かれていることで「良いなぁ、行ってみたいなぁ」と思わせてくれます。 三姉妹のキャラクターもそれぞれ個性があり魅力的で、主人公との関係性の変化が気になるところです。 今現在、となりのヤングジャンプで無料で読めるのは3話までなのですが、4話のご来光シーンは読んでみて欲しいなと思います。 単行本発売に際してボイスコミック化もされたので、まずはそちらから試しに入ってみるのも良いかと思います。上記のご来光シーンがこちらでは観られます。 https://twitter.com/sakamori1234/status/1626474263548157952?s=46&t=xX9mwSH03C3O_y9AgLQTYQ

カーテン・レーザー

カーテン・レーザー

【週刊ヤングジャンプ 1億円40漫画賞 [天才主人公型スポーツ] 準大賞+審査員特別賞受賞作】スノーボードクロスの選手・陽太は大会での真剣さに欠けるプレイをコーチに怒られ、大会謹慎処分に。そんな時に出会ったのは、天才スノーボーダーの女の子だった…。(週刊ヤングジャンプ2021年19号)

やまさんやまごやさんしまい
やまさん~山小屋三姉妹~ 1巻
やまさん~山小屋三姉妹~ 2巻
やまさん~山小屋三姉妹~ 3巻
やまさん~山小屋三姉妹~ 4巻
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
山小屋暮らしの三姉妹との新生活スタート!にコメントする